Ladybird

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 045-550-3343

集客・集患をあげるブログBlog

内部SEO対策で検索順位を上げて集客しよう

こんにちは。ホームページ制作ディレクターの斉藤です。

ホームページのSEO対策第1回で、「SEO対策とは何か」そして、「SEO内部対策」と「SEO外部対策」についてご説明させていただきました。
今回はSEO内部対策に絞って、詳しくお話をさせていただきたいと思います。

内部SEO対策とは?前回のおさらい

まずは、内部SEO対策についてのおさらいをしましょう。SEO対策には大きく分けて、「内部対策」と「外部対策」という2つがあり、外部対策は外のサイトからの評価を上げて検索順位を上げていきやすくすること、そして内部対策はサイトの中身の評価を上げて検索順位を上げていきやすくすることを言います。

外部対策を行うには、費用がかかったり意図的に行うのが難しいなどの面がありますが、内部対策に関しては制作・そして運用を行っていくにあたり、私たちホームページ制作会社と皆さんホームページを持たれる方がどうしていくかによって大きく変わっていく部分になります。

内部SEO対策の方法

それでは、具体的に内部SEOにはどんなものがあるかをお話ししていきます!

エンドユーザーを意識したコンテンツ作り

Googleの順位決定の要因として「アルゴリズム」というものがあり、まずはこれを理解しているかどうかがSEO対策を行う上で非常に大切なことになります。
そもそも「アルゴリズム」とは、Googleがサイトの検索順位を自動で決めるための計算方法です。この「アルゴリズム」は進化をし続けており、現在はサイトの質を見極め低品質のサイトは下位に、高品質のサイトは上位に表示させるような「サイトの内部」をしっかりと見るようなものになっています。

そこで、サイトの質を高めるうえで大事なのが「コンテンツ」です。どういうコンテンツで構成されており、このサイトは何を伝えたいのか?がしっかりとGoogleに伝わるサイトはおのずと検索順位が向上していく傾向にあります。
そしてコンテンツを作るうえでとても重要なのが「エンドユーザーのことをちゃんと考えたコンテンツになっているか」です。Googleが現在質の高いサイトと見なす大前提として「ユーザーファーストになっているか?」「ユーザーの利益になるのか?」というものがあります。

例えば、文章を考えるのもめんどくさいし、他のサイトの文章を丸っとコピーしてサイトを作っちゃえ!という方もいらっしゃいますが、絶対NGです。
なぜかというと「ユーザーの為に」文章を考えて、文章を伝えるという努力を怠り、ユーザーの利益になるサイトになっていないからです。こういったサイトはGoogleにすぐバレてしまい、検索順位が向上するどころかペナルティというものが課せられ、検索順位が落とされてしまい、ペナルティを解除する手続きを行うまで順位が上がることはなくなってしまいます。

また、よくありがちなのが、サイト内のブログで「ランチ行きました~」や「飲みに行った」「旅行に行った」などのプライベートの情報を発信するような記事も「サイトの質を高める」という意味ではやめたほうがいいです。
例えば、歯医者さんのサイトを作ったとして、歯科に関するコンテンツがあるなかで、歯医者とは全く関係ないページができることによりGoogle側はこのサイトは何を伝えたいサイトなのか判断がつかなくなってしまいます。

逆に、ブログなどで専門性の高い歯科の情報をエンドユーザーの為に分かりやすく書くなどしたら、Google側は「歯医者として素晴らしい情報を配信してくれるサイトだ!」と喜び、歯医者関連のキーワードで他よりも優位に立たせてくれるのです。

適切なキーワードの設定

コンテンツと同じく、こちらもとても重要な要素になります。先ほどユーザーファーストなサイトになっているかどうかが、検索順位をつけるうえでGoogleが最も大事にしている点とお伝えしましたが、キーワードに関しても同じことが言えます。

ユーザーは知りたいことがあった場合、検索エンジンでキーワードを入力して検索します。そのユーザーが求めるキーワードに沿った設定がされているかどうかで、検索順位が変動することがあります。このキーワードというものは、タイトルや見出し、本文、そしてメタディスクリプションというgoogleに「こういうサイトです」と意思表明するような部分になります。

注意すべきは「キーワードを詰め込みすぎて、訳のわからない文章になってしまう」ということです。色々なキーワードに引っかかりたくて無理やり文章内に入れ込み、不自然な文章になってしまってはGoogleから、検索順位を上げたいためにやっているとバレてしまいます。そうならないために、あくまでも「ユーザーを意識した」文章の中に自然に埋め込んでいくようにしましょう。

URLの正規化

URLの正規化とは、検索エンジンが内容を正確に把握しやすくするために、簡易的に・そしてページの内容にあったURLを設定してあげることです。たまに、URLで数字や文字を羅列したようなサイトがありますが、そういったURLはGoogleが正確に読み取ってくれない場合があります。細かいことではありますが、しっかりと気を配って設定してあげるとよいでしょう。

Googleアナリティクス・サーチコンソールの活用

SEO対策や集客力・集患力を上げるサイト作りを行うために、サイトの解析ツールを用いることができます。解析ツールがないと、あくまでも感覚でのサイト運用になりますので、実際のデータに基づいた運用とは大きく違ってきます。

弊社では、ご希望の方にはGoogleアナリティクスやサーチコンソールといった解析ツールや、ウェブマスターツールなどの埋め込みをさせていただきます。集客や集患の成果を真剣に出したいという方のお力になれば嬉しいです。

まとめ

SEO内部対策についてご説明させていただきました。次回はSEO外部対策についてお話させていただきます!

Pocket
LINEで送る

強引な営業・勧誘は致しません!
安心してお気軽にお問い合わせください!