Ladybird

お問い合わせフォーム

集客・集患をあげるブログBlog

集客や集患のためになぜSEO対策が必要?

こんにちは。ホームページ制作ディレクターの斉藤です。

みなさんは「SEO対策」というものをご存知でしょうか?今、勉強しているよ!という方もいらっしゃれば、まったく知らない!という方もいらっしゃると思います。
結論から言うと、この「SEO対策」というものは集客・集患力を上げるウェブサイトを制作するという点で、欠かせないものになります。ホームページ制作会社でSEOを全く気にしてませんというところはないのではないでしょうか。

この「SEO対策」は、みなさんがホームページを公開した後にどう運用していくかによっても大きく変わっていくことでもあります。分かりやすくご説明しますので「SEO」のこと、一つ一つ覚えていってくださいね。

ホームページは見られないと意味がない

みなさん、ウェブサイトを作成するということは、何か目的があると思います。
その目的は人それぞれで、「今もサイトはあるがデザインが気に入っていないので自分好みのデザインにしたい」「定休日や休診日などをホームページで都度お知らせしていきたい」「とりあえず看板がわりにサイトを持っていたい」など色々な理由もあると思いますが、ほとんどの方が「集客や集患をホームページで増やしたい!」「もっとお問い合わせがほしい!」など、収益をあげたいという目的だと思います。

その「集客や集患を増やす」「お問い合わせを増やす」ためにホームページを用いるためには、まずサイトが人の目につかないと意味がありません。どんなに綺麗なデザインにしようとも、いいホームページを作った!と思おうとも、まずは見てもらわないと集客や集患増加のスタート地点に立つこともできないのです。

そして、そのホームページを見られるような対策をしていくことこそが「SEO対策」なのです。

SEO対策とはなにか?

SEOとは「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略で、「検索エンジン最適化」という意味になります。前項で、ホームページを見られるように対策していくことを「SEO対策」と呼びますとお伝えしましたが、もう少し詳しくご説明していきますね。

みなさん、何かお店を探したり、何か調べものをしたりする時にはどうしますか?今はほとんどの方がスマートフォン、iPhoneを取り出し「Chrome」や「safari」などで検索をしていらっしゃると思います。

そして、検索で出てきた結果を見て、よさそうなものがウェブサイトあったらタップして内容を確認・・・という手順をふみますよね。基本的には結果を上からざーっとみて気になるところをチェックしていくと思いますが、この上から下まで並んでいる順番は、ランダムに表示されているわけではなく、Googleから評価をつけられ順位付けをされているものになるのです。

当然、下部より上部の方が、2ページ目より1ページ目の方が人目につきやすいものになりますので、順位が高いものとなるのです。その、Googleがウェブサイトに対して評価をつけ順位付けを行うことを「SEO(検索エンジン最適化)」といいます。

そしてよりホームページの評価をGoogleから高くつけてもらって、検索順位の向上を目指すことを「SEO対策」と呼びます。

SEO内部対策と、SEO外部対策

SEO対策には「外部対策」と「内部対策」と呼ばれるものがあります。それぞれ、目的は同じ検索エンジンの最適化(ホームページの検索順位向上)ですが、やり方が少し違ってきます。

SEO内部対策

内部SEO対策とは、ホームページを作成する際に、サイトの中身をしっかりと作ることによって検索エンジンの評価をあげ、検索順位の向上を目指していくというものです。

しっかりと作るということはどういうことかといいますと、ホームページのタイトルやキーワード、メタディスクリプションなどを適切に設定してあげて、その内容に沿ったホームページの中身にしてあげることや、サイト全体のボリュームを厚くし、より専門性を高めたサイトにしてあげることです。

検索エンジンは関連性の高いキーワードが検索されたとき、よりオリジナリティや専門性が高い「ユーザーにとって有益なサイト」と判断した場合、上位表示させていきます。その評価基準に沿ったウェブサイトを作成していくことが非常に重要です。

SEO外部対策

ウェブサイトの質を高めて検索順位の向上を目指す内部対策とは違い、外のサイトからの評価を上げて検索順位の向上を目指すのがSEO外部対策です。
外のサイトから評価されているかどうかの基準は「外部ホームページからのリンク(被リンク)」がされているかどうかになります。

しかし、リンクを貼りまくればいいというわけではなく、関連性の高いホームページからのリンクや、既に評価を受けているウェブサイトからのリンクなどは質のいいリンクと判断され評価が高くなる一方で、悪質なリンクなどは逆にペナルティの対象などになってしまうことがあるのです。

まとめ

SEOの基本についてお分かり頂けたでしょうか?SEO内部対策と、SEO外部対策どちらかをやるのかというよりも、両側面からサイトの質を高めていくことにより、よりホームページの検索順位の向上、ひいては集客や集患につながっていくことになるのです。

Pocket
LINEで送る

強引な営業・勧誘は致しません!
安心してお気軽にお問い合わせください!